作務衣・はんてん・彩藍・らしか 創業百年を越える木綿織物の老舗「宮田織物」創業1913年 直営通販サイト
新規会員登録    宮田織物について  
作務衣 さむえ samue 作務衣 さむえ samue わた入れはんてん・袢天・半纏・丹前・どてら わた入れやっこ 半袖はんてん わた入れポンチョ 袖なしはんてん 彩藍 さいあい saiai らしか 婦人服 レディース lashica 帽子 ハット バッグ 久留米絣(かすり)ストール 和木綿/久留米絣(かすり) はぎれ・糸・反物
作務衣  作務衣 はんてん
長袖
 やっこ
半袖
 ポンチョ
袖なし
 彩藍 らしか 帽子/バッグ ストール はぎれ/糸
■ information ■

作務衣(さむえ)百問百答 1


作務衣の百問百答

皆さまから頂いたご質問をまとめております

宮田織物の作務衣は、全て自社工場である福岡県筑後市で、作務衣の布地の織りから生産をしております。
みなさまからいただいたご質問をまとめました。数えたら百問以上ございます

 【目次】
 ・作務衣(さむえ)の由来について*new
・作務衣のTPOについて*new
 ・作務衣の詳細について*new ・作務衣のコーディネートについて*new
 ・作務衣のお手入れについて*new ・作務衣の布地について*new
 ・作務衣の作り方について*new ・作務衣のその他について*new


作務衣(さむえ)の由来について・・・
問1 作務衣って、何と読むのですか?
「さむえ」または「さむい」と読みます。「さむえ」と読むことが多いようです。

問2 そもそも作務衣(さむえ)って、何ですか?
作務衣(さむえ)は、もともと禅宗の修行僧の作業着です。

問3 作務衣(さむえ)の「作務」って、なんですか?
「作務」とは、禅宗の修行僧の、日常の労働作業(掃除や薪割りなど)のことです。

問4 作務衣(さむえ)って、いつ頃できたのですか?
いつできたかは、はっきりしていませんが、もともとは長めの上着のみで、ズボンはなかったそうです。今のように、上着とズボンの組み合わせになったのは、比較的最近といわれています。

問5 作務衣(さむえ)って、どんな形なのですか?
上着とズボンの組み合わせが基本の形です。

問6 作務衣(さむえ)って、甚平(じんべい)と、どう違うのですか?
形・着用期間からいえば、下記のようになります。
作務衣:長袖・長ズボン 着用期間:通年(一年中)
甚平  :半袖・半ズボン 着用期間:夏(暑い季節)

※ご参考までに、甚平の由来を語源由来辞典より、引用させていただきます。
甚平は、「甚兵衛(じんべえ)」とも書き、「甚兵衛羽織」に由来する。
甚兵衛羽織とは、下級武士向けの木綿綿が入った袖なし羽織で、
陣羽織を真似てつくられた「雑兵用陣羽織」の意味から、
「陣兵羽織」で「甚平衛羽織」になったとされる。
その甚平衛羽織を着物仕立てにしたものが、「甚兵衛(甚平)」である。
つまり、「甚平」という語の流れは、
「甚羽織」→「陣兵羽織」→「甚平衛羽織」→「甚兵衛」→「甚平」であろう。
その他、甚平の語源には、「甚兵衛」という人が作ったとか、
よく着ていたからといった説もあるが、単に字面から言われたもので、
根拠らしきものはない。(語源由来辞典より引用)

問7 作務衣(さむえ)って、浴衣とは違うのですか?
形・着用期間からいえば、下記のようになります。
作務衣:上下セット    着用期間:通年(一年中)
浴衣  :長い上着のみ  着用期間:夏(暑い季節)

※ご参考までに、浴衣の由来を語源由来辞典より、引用させていただきます。
浴衣の漢字は当て字で、「湯帷子(ゆかたびら)」の略である。
「湯帷子」は、入浴時や入浴後に着る「帷子」のことです。
「帷子」とは、夏用の単衣の着物を意味し、「片枚(かたびら)」とも書かれる。
平安中期の「和名抄(倭名類聚鈔)」には、「内衣 布で沐浴の為の衣也」
とある。江戸時代以降、入浴に関係なく夏に着る単衣を「ゆかた」と
いうようになった。(語源由来辞典より引用)

問8 作務衣(さむえ)って、もんぺとは違うのですか?
形からいえば、下記のようになります。
作務衣:上下セット
もんぺ :ズボンのみ

※ご参考までに、浴衣の由来を語源由来辞典より、引用させていただきます。
もんぺの語源は、「股引(ももひき)」「股はき(ももはき)」が変化し、
「もっぺ」となり、さらに「もんぺ」になったとする説。
門兵衛という人が考案したため、名前をもじって「もんぺ」になったとする説。
トイレで簡単に用が足せないことから、門が閉ざされているとし、
「門閉」で「もんぺ」になったとする説。
ズボンのことを、アイヌ語で「オムンペ」と呼ぶことから、「もんぺ」になった
とする説などがあるが、正確な語源は未詳である。
もんぺは、主に東北の婦人が用いていたが、第二次世界大戦中に全国に
広がった。永井荷風の「断腸亭日乗(だんちょうていにちじょう)」の
昭和18年9月の条には、「八月中この後毎月八日には婦女必ず
百姓袴(モンペ)を着用すべき由お触れあり」とある。
(語源由来辞典より引用)



→作務衣のTPOについては、こちら
表示件数
並び順
商品数:0件
検索条件の商品がありません
商品数:0件

- new item 新商品・再入荷商品 -


- information お知らせ -

わた入れはんてん(半纏・袢天) お手入れ・洗濯方法

和木綿手づくりコンテスト結果発表・応募作品展示

宮田織物写真館 宮田織物の商品をご着用いただいているお写真

当店をご利用いただきましたお客様のご意見・ご感想


宮田織物株式会社


 店舗運営スタッフ 原口/中島/仁田原/川野
haraguchinakashimanitabaru
スタッフブログ わもめんのこだわりブログ

ひと織り、ひと針、愛情こめて。

創業1913年(大正2年)

宮田織物は、久留米絣の里である福岡県筑後市で産声をあげました。
宮田織物では、生地織り、デザイン、縫製まで全て自社で行なっております。

平成25年4月に創業100年を迎え、今日も「ものづくり」に励んでおります。
着てくださる皆様の笑顔を思い浮かべながら。

宮田織物株式会社 インターネット担当

電話:0942-53-4550
  (受付時間:平日9時~16時)

mail:info@e-miyata.com
所在地:〒833-0003 福岡県筑後市羽犬塚375
店舗の紹介

- 宮田織物は、SNSにて情報発信しております -

営業担当者がお届けする
写真や動画、イベント情報
盛りだくさんのインスタ

MIYA LABO
宮田織物研究室
ものづくりを伝えます

YOUTUBE
miyataorimono

わもめんぐらし
和木綿生活
宮田織物4代目社長ブログ
 
twitter / facebook
社長ブログが
こちらでもご覧頂けます

特定商取引法に
基づく表記
ご利用ガイド 支払い方法 配送方法・送料 プライバシーポリシー
/ 会社概要