作務衣・はんてん・彩藍・らしか 創業百年を越える木綿織物の老舗「宮田織物」創業1913年 直営通販サイト
新規会員登録    宮田織物について  
▼ 宮田織物 新作&各地イベント情報 ▼
宮田織物の製品が直接ご覧いただける機会をどうぞお見逃しなく


■ information ■
開催中イベント
作務衣 さむえ samue 作務衣 さむえ samue わた入れはんてん・袢天・半纏・丹前・どてら わた入れやっこ 半袖はんてん わた入れポンチョ 袖なしはんてん 彩藍 さいあい saiai らしか 婦人服 レディース lashica 帽子 ハット バッグ 久留米絣(かすり)ストール 和木綿/久留米絣(かすり) はぎれ・糸・反物
作務衣  作務衣 はんてん
長袖
 やっこ
半袖
 ポンチョ
袖なし
 彩藍 らしか 帽子/バッグ ストール はぎれ/糸

初めての作務衣(さむえ)

まずはこの1枚。上質の和の暮らし、作務衣で始めてみませんか?

あまりカジュアル過ぎるのは、
もう着たくない・・

いつまでも素敵なわたしでいたい・・

そんなあなたに、おすすめの一枚


さらりとまとうだけで、風格が漂う作務衣

ゆったりとした着心地なのに、
どこか凛とした表情は、
作務衣の持つ力でしょうか・・

作務衣入門の方から上級者まで、
また、渋好みの若い方からシニアまで、
幅広くおすすめの1枚です

大人の作務衣ライフ、始めませんか
作務衣(さむえ)とは・・?
作務衣はもともと禅宗の修行僧の作業着です。
また、「作務」とは、日常の労働作業の事です。

元は長めの上着のみだったということで、
今のような上着とパンツの形になったのは比較的最近の様です。
作務衣を着ると凛とした気持ちになるのもこういう由来があるこそでしょうか。

→詳しくは、こちら

宮田織物の作務衣(さむえ)のこだわり
1.布地へのこだわり
宮田織物の製品は、生地つくりから始まります。
糸一本から選び抜き、吟味して織り上げます。素材はもちろん、上質の綿素材にこだわって。
水をくぐるごとに肌になじむ・・渋さの中に色味が冴える・・天然の綿の力です。

2.品質へのこだわり
生地つくりからデザイン、縫製まで、もの作りは,すべて自社生産。
ここ九州にある工場で生産しております。
最新鋭機による織布、ボディでのフィッティング、CADによるマーキングなどを駆使し、
製品を完成させます。最後は、1枚1枚入念にチェックいたします。

作務衣(さむえ)が、愛される理由
ずっと愛される、作務衣(さむえ)のんびりしたい休日、身も心ものびのび出来るウェアが作務衣です。

紐で結んで着るという、伝統の形は、身体を締め付けず、サイズ調節も楽にできます。
衿付きなので、きちんとしたイメージで、突然のお客様にもあわてず、失礼になりません。

また、老若男女を問わない、という所も、人気のゆえんです。
若い方からシニアまで作務衣ほど、着る人を選ばないウェアはありません。
作務衣姿は、きりりと背筋が伸びて見えます。これも、伝統の持つ強みでしょうか。

作務衣(さむえ)の着こなし
靴下作務衣を着るのに、特別なものを準備する必要はありません。

作務衣用の下着は、専用のものも市販されていますが、普通のU首の下着でも十分です。
上の写真の様に、丸首シャツをのぞかせても、清潔感があります。
履物も、下駄や草履だけでなく、スニーカーやカジュアルなサンダルでも素敵です。

作務衣は型にとらわれない自由な衣服です。好きな時に好きな小物をあわせて下さい。

→もっと知りたい方は、こちら

作務衣(さむえ)選びに、迷ったら・・
紬織り作務衣(つむぎおりさむえ)まずは、この一枚
定番人気の
【紬織り作務衣(つむぎおりさむえ)】をおすすめします。

丈夫でしっかりした肌触りは、まさに和の織物の定番の紬織り。
ぽつぽつと出たネップが生地に味わいをそえています。
渋さの中にも冴えた色合いは、上質の綿素材ならではのもの。
水をくぐるごとに味わいを増します。

父の日・敬老の日などの贈り物にも人気です。

→詳しい商品説明は、こちら

【ご購入者さまの声】
 福岡県 M様
覚えておいででしょうか。12月に急いで作務衣を注文させていただきましたMです。
友人宅に届けていただきました。早々に、届けていただいて、ありがとうございました。
その後いろいろあって、先週、やっと受け取りました。友人へのプレゼントだったのですが。

・・・それはもう、喜んで、喜んで。毎日着ておられます。
アメリカ人の方ですが、日本人のように見えます(!?)。
靴下も大喜び、地下足袋の様な物をなぜかもっていて、引っ張り出して、履いていたのも笑えました。


---------------------------------------------------------------------
紬織り作務衣(つむぎおりさむえ) 女性用女性の作務衣(さむえ)愛好家も増えています
【女性用の紬織り作務衣(つむぎおりさむえ)】は、こちら

忙しい暮らしの中で、ほっとする時間が欲しい・・
作務衣はそんな方の味方です。

女性用作務衣は、袖口がゴム仕立てなので、
家事やガーデニングにもぴったり。重ね着しやすいという点も二重丸。

母の日・敬老の日などの贈り物にも、大変喜ばれています。

→詳しい商品説明は、こちら

【ご購入者さまの声】
 神奈川県 K様
 現在、カルチャーセンターで日本の武術の身体操作を学ぶいろいろな講座を受けています。
実は作務衣を購入してすぐには着ていなかったのですが、先日作務衣デビューしてみました。
(いただいた足袋ソックスをはいて)みんなによく似合っているとほめられました!


 こんなことならもっと早く着ればよかったなと思うしだいです。
素敵な作務衣をありがとうございました





大人の男性におすすめの作務衣は、こちら
表示件数
並び順
商品数:0件
検索条件の商品がありません
商品数:0件

- new item 新商品・再入荷商品 -


- information お知らせ -

わた入れはんてん(半纏・袢天) お手入れ・洗濯方法

和木綿手づくりコンテスト結果発表・応募作品展示

宮田織物写真館 宮田織物の商品をご着用いただいているお写真

当店をご利用いただきましたお客様のご意見・ご感想


宮田織物株式会社


 店舗運営スタッフ 原口/中島/仁田原/川野
haraguchinakashimanitabaru
スタッフブログ わもめんのこだわりブログ

ひと織り、ひと針、愛情こめて。

創業1913年(大正2年)

宮田織物は、久留米絣の里である福岡県筑後市で産声をあげました。
宮田織物では、生地織り、デザイン、縫製まで全て自社で行なっております。

平成25年4月に創業100年を迎え、今日も「ものづくり」に励んでおります。
着てくださる皆様の笑顔を思い浮かべながら。

宮田織物株式会社 インターネット担当

電話:0942-53-4550
  (受付時間:平日9時~16時)

mail:info@e-miyata.com
所在地:〒833-0003 福岡県筑後市羽犬塚375
店舗の紹介

- 宮田織物は、SNSにて情報発信しております -

営業担当者がお届けする
写真や動画、イベント情報
盛りだくさんのインスタ

MIYA LABO
宮田織物研究室
ものづくりを伝えます

YOUTUBE
miyataorimono

わもめんぐらし
和木綿生活
宮田織物4代目社長ブログ
 
twitter / facebook
社長ブログが
こちらでもご覧頂けます

特定商取引法に
基づく表記
ご利用ガイド 支払い方法 配送方法・送料 プライバシーポリシー
/ 会社概要