作務衣・はんてん・彩藍・らしか 創業百年を越える木綿織物の老舗「宮田織物」創業1913年 直営通販サイト
新規会員登録    宮田織物について  

▼ 宮田織物 各地イベント&メディア掲載情報 ▼
宮田織物の製品がご覧いただける機会をどうぞお見逃しなく


■ information ■
開催中イベント
作務衣 さむえ samue 作務衣 さむえ samue わた入れはんてん・袢天・半纏・丹前・どてら わた入れやっこ 半袖はんてん わた入れポンチョ 袖なしはんてん 彩藍 さいあい saiai らしか 婦人服 レディース lashica 帽子 ハット バッグ 久留米絣(かすり)ストール 和木綿/久留米絣(かすり) はぎれ・糸・反物
作務衣  作務衣 はんてん
長袖
 やっこ
半袖
 ポンチョ
袖なし
 彩藍 らしか 帽子/バッグ ストール はぎれ/糸

2017/09/04「色を消す」

わもめんくらし 宮田織物社長のブログ
宮田織物の全体朝礼

今日は月に一回のクリーンDAY。
皆で外回りを綺麗にしました。


珍しく雨の、少し蒸し暑い
月曜日、本日の担当はネットの
ニタバルさん。

テーマは
「色を消す」。

「京都・宮川町のお茶屋『花傳』
 女将の武田伊久子さんの、
 表内の極意を言い表した言葉
 『色を消し、色を生む』。

 『自我や固定観念を消して白に
  なり、相手の立場に立って
  お客様の色に染まること。』

 人は性別や年齢、趣味嗜好など
 様々に違い、同じ相手でも、
 その日の状況で感情に差が出る。

 お客様に満足してもらうために、
 経験値やマニュアルを越えて、
 相手と向き合おう。その人
 その場に応じた対応をしよう。

 ~職場の教養8月号より抜粋~」

ニタバルさんの所感発表です。

「ネットを通してお客様より
 おほめやお叱りのお言葉を
 いただく。お客様の希望を聞き、
 より良い接客に努めたい。」

ネットを通して、お客様から
たくさんのお言葉をいただく事は
本当にありがたいです。

お叱りはより良い改善のもとに
なるエール、おほめのお言葉は、
明日への活力になります。

ニタバルさんはお客様のお言葉を
朝礼で読み上げたりして、皆と
共有してくれます。

お客様のお言葉の有り難さを
しっかり感じてくれているから
こその行いだと思います。

ニタバルさん、ありがとうございます。
お客様のお言葉は宝物ですね。


続いて統括部の池田部長から
現状報告と、先週のギフトショー
出展報告。

東京オリンピックの影響で、
形態が変わったギフトショー。
会場が小さくなったことで、
より、お客様と濃い話ができた
ようです。これからが楽しみです。


製品課のサノ主任から現状報告。
納期遵守のため頑張っています。


管理課の國武部長から要員の話。
今週8日の県のイベントの話もありました。


さて、今日の話は「色を消し、
色を生む」という題名がついていました。

 自我や固定観念を消して
 白になり、相手の立場に立つ

考えてみれば、これほど難しい事は
ありません。まさに「色眼鏡」で
ものごとを見ていますから。

気持ちのどこかに、「色を消し、
色を生む」という言葉を置いて
おけば、少しはその境地に近づく
ことができるかもしれません。

そうしたら、相手といっしょに
美しい色を生む事ができる、
そう考えて、やってみます。


 ▼秋だけど、蒸し暑い日も。
  だから、涼やか作務衣。
 http://www.e-miyata.com/item/1221.html



 今日も感謝のものづくりを。
 お客様の笑顔のために。
 自分達の笑顔のために。


ものづくりのページ
http://www.e-miyata.com/category/156.html

静かに熱い「もめんのこだわりブログ」
http://www.e-miyata.com/category/177.html


■博多リバレイン
 地下2階「宮田織物」
〒812-0027
福岡市博多区下川端町3-1 B2F
電話:092-292-4033(直通)
■モラージュ佐賀
 北館2階「宮田織物」
〒840-8551
佐賀県佐賀市巨勢町大字牛島730
電話:0952-97-7982(直通)
■ボンベルタ橘
 4階「宮田織物」
〒880-8586
宮崎市橘通西3丁目10番32号
電話:0985-24-5450(直通)
-----------------------------------
ご縁を大切にしたいと思います。
宮田織物を宜しくお願い申し上げます。
-----------------------------------
■宮田織物株式会社
833-0003 福岡県筑後市羽犬塚375
(TEL) 0942-53-4550 (FAX) 0942-53-8150
メールアドレス:info@e-miyata.com
-----------------------------------
創業大正二年。糸を選び、織りから
デザイン企画まで全てオリジナルの
和木綿のぬくもりをあなたに~
-----------------------------------
表示件数
並び順
商品数:0件
検索条件の商品がありません
商品数:0件

- new item 新商品・再入荷商品 -


- information お知らせ -

わた入れはんてん(半纏・袢天) お手入れ・洗濯方法

和木綿手づくりコンテスト結果発表・応募作品展示

宮田織物写真館 宮田織物の商品をご着用いただいているお写真

当店をご利用いただきましたお客様のご意見・ご感想


宮田織物株式会社


 店舗運営スタッフ 原口/中島/仁田原/川野
haraguchinakashimanitabaru
スタッフブログ わもめんのこだわりブログ

ひと織り、ひと針、愛情こめて。

創業1913年(大正2年)

宮田織物は、久留米絣の里である福岡県筑後市で産声をあげました。
宮田織物では、生地織り、デザイン、縫製まで全て自社で行なっております。

平成25年4月に創業100年を迎え、今日も「ものづくり」に励んでおります。
着てくださる皆様の笑顔を思い浮かべながら。

宮田織物株式会社 インターネット担当

電話:0942-53-4550
  (受付時間:平日9時~16時)

mail:info@e-miyata.com
所在地:〒833-0003 福岡県筑後市羽犬塚375
店舗の紹介

- 宮田織物は、SNSにて情報発信しております -

営業担当者がお届けする
写真や動画、イベント情報
盛りだくさんのインスタ

MIYA LABO
宮田織物研究室
ものづくりを伝えます

YOUTUBE
miyataorimono

わもめんぐらし
和木綿生活
宮田織物4代目社長ブログ
 
twitter / facebook
社長ブログが
こちらでもご覧頂けます

特定商取引法に
基づく表記
ご利用ガイド 支払い方法 配送方法・送料 プライバシーポリシー
/ 会社概要