作務衣・はんてん・彩藍・らしか 創業百年を越える木綿織物の老舗「宮田織物」創業1913年 直営通販サイト

[ご注意]父の日前後の期間は、運送会社の配送量が大幅に増加します。父の日当日のお届けをご希望の場合は、6月9日(日)までにご注文をお願いいたします。
作務衣 さむえ samue 作務衣 さむえ samue わた入れはんてん・袢天・半纏・丹前・どてら haori(羽織) 甚平(じんべい) 彩藍 さいあい saiai らしか 婦人服 レディース lashica 帽子 ハット バッグ 久留米絣(かすり)ストール 和木綿/久留米絣(かすり) はぎれ・糸・反物
作務衣  作務衣 わた入れ
はんてん
haori
羽織
甚平  彩藍 らしか 帽子/バッグ 久留米絣
ストール
はぎれ/糸
▼ お知らせ ▼

2017/09/01「二枚目の作務衣なら」

わもめんくらし 宮田織物社長のブログ
宮田織物の

宮田織物の作務衣の
一番人気は紬織り作務衣で、

 ▼紬織り作務衣
 https://www.e-miyata.com/item/498.html

作務衣入門として一枚目に
お求めになるお客様が
多いのですが、

今日は、全く私の好みで、
二枚目におすすめしたい
作務衣をご紹介いたします。

それは、こちらです!

 ▼新文人織り作務衣
 https://www.e-miyata.com/item/550.html

なぜこの作務衣をおすすめするか。
「生地が通好みだから。」
それに尽きます。

ですからまずは、生地の
紹介をさせてくださいね。


新文人織り(しんぶんじんおり)
は、宮田織物のオリジナルの
和木綿素材。上質の板締め糸を
ドビー柄で丁寧に織り上げました。

文人とは文事(学問・芸術等)を
重んじ、風雅を好み、詩文等に
秀でる人という意味です。

もともと久留米絣からきたもので
書生さんが好んで着ていたから、
この名前がついたとも言われています。

わざとむらに染めた板締め糸を
ドビー織りにしているので、
かすれたような柄行きと立体感があり、

シニアの方がまとうと若々しさが
引き立ち、若い方がまとうと、
落ち着いた粋さが醸し出されると
いう、不思議な素材でもあります。

少しだけざらりとした生地味も、
肌にとても心地よく感じます。
(さわっていただけないのが
 とても残念です。)


お客様からも、こんなお声を
いただきました。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・
 ●Minnieさん (大阪府)
 大満足です
 ドイツ人の彼にプレゼントしました。
 細身ですが身長が185cmあるので
 LLを選択。上品な生地で仕立ても良く、
 長い手足にもちょうど良いサイズで、
 何もかもパーフェクト。大喜びで、
 しょっちゅう着ています。
 商品購入前に、サイズ等をお店に
 問い合わせたところ、大変親切な
 お返事を頂けたのも、好印象です。
 皆さまにもおすすめします。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・

お色は文人、濃紺、茶。
いずれもシックで深みのあるお色。


流行もなく、サイズにも融通が効き、
ご家庭でじゃぶじゃぶ洗えて丈夫。
じっくり長~く付き合える一枚です。

季節を問わず、ご自宅用にも、
ご贈答にも大人気。


一枚目は無地の紬織り作務衣を
お選びいただいたあなた、
二枚目には、通好みのこの一枚、
いかがでしょうか。

 ▼新文人織り作務衣
 https://www.e-miyata.com/item/550.html


宮田織物は他にもたくさんの
種類の和木綿の作務衣があります。
ぜひご覧下さい。

 ▼作務衣一覧
 https://www.e-miyata.com/category/34.html


 ▼秋色夏作務衣
 https://www.e-miyata.com/item/1221.html



 今日も感謝のものづくりを。
 お客様の笑顔のために。
 自分達の笑顔のために。


ものづくりのページ
https://www.e-miyata.com/category/156.html

静かに熱い「もめんのこだわりブログ」
https://www.e-miyata.com/category/177.html


■博多リバレイン
 地下2階「宮田織物」
〒812-0027
福岡市博多区下川端町3-1 B2F
電話:092-292-4033(直通)
■ボンベルタ橘
 4階「宮田織物」
〒880-8586
宮崎市橘通西3丁目10番32号
電話:0985-24-5450(直通)
-----------------------------------
ご縁を大切にしたいと思います。
宮田織物を宜しくお願い申し上げます。
-----------------------------------
■宮田織物株式会社
833-0003 福岡県筑後市羽犬塚375
(TEL) 0942-53-4550 (FAX) 0942-53-8150
メールアドレス:info@e-miyata.com
-----------------------------------
創業大正二年。糸を選び、織りから
デザイン企画まで全てオリジナルの
和木綿のぬくもりをあなたに~
-----------------------------------
表示件数
並び順
商品数:0件
検索条件の商品がありません
商品数:0件

- new item 新商品・再入荷商品 -


- information お知らせ -



わた入れはんてんのお手入れ小冊子ができました。はんてんをご購入でプレゼント!



宮田織物「写真館」では、ご愛用頂いているお写真を掲載中 ※随時募集





宮田織物株式会社


 店舗運営スタッフ 原口/中島/仁田原/川野
haraguchinakashimanitabaru
スタッフブログ わもめんのこだわりブログ

ひと織り、ひと針、愛情こめて。

創業1913年(大正2年)
宮田織物は、久留米絣の里、福岡県筑後市で産声を上げた創業百年を越える会社です。

宮田織物が最も大切にしていること、それは、ものづくりです。

一本の糸を選ぶことから始め、デザイン、織り、縫製まで、
全て自社生産にこだわります。

伝統から学びつつ、新しい知識を得ながら、オリジナルの製品を生み出す。
この温故知新の姿勢が、宮田織物のものづくりを支えています。

大正二年の創業時から、連綿と受け継がれてきたものづくりの技術。
それに裏打ちされた宮田織物でしかできない独創的なデザイン。

わた入れはんてんをはじめ、作務衣、甚平、婦人服などの製品にも
そのこだわりはしっかりと反映され進化し続けています。

宮田織物株式会社 インターネット担当

電話:0942-53-4550
  (受付時間:平日9時~16時)

mail:info@e-miyata.com
所在地:〒833-0003 福岡県筑後市羽犬塚375
店舗の紹介

- 宮田織物は、SNSにて情報発信しております -

営業担当者がお届けする
写真や動画、イベント情報
盛りだくさんのインスタ

MIYA LABO
宮田織物研究室
ものづくりを伝えます

YOUTUBE
miyataorimono

わもめんぐらし
和木綿生活
宮田織物4代目社長ブログ
 
twitter / facebook
社長ブログが
こちらでもご覧頂けます

特定商取引法に
基づく表記
ご利用ガイド 支払い方法 配送方法・送料 プライバシーポリシー
/ 会社概要