作務衣・はんてん・彩藍・らしか 創業百年を越える木綿織物の老舗「宮田織物」創業1913年 直営通販サイト
新規会員登録    宮田織物について  

▼ 宮田織物 各地イベント&メディア掲載情報 ▼
宮田織物の製品がご覧いただける機会をどうぞお見逃しなく


■ information ■
開催中イベント
作務衣 さむえ samue 作務衣 さむえ samue わた入れはんてん・袢天・半纏・丹前・どてら わた入れやっこ 半袖はんてん わた入れポンチョ 袖なしはんてん 彩藍 さいあい saiai らしか 婦人服 レディース lashica 帽子 ハット バッグ 久留米絣(かすり)ストール 和木綿/久留米絣(かすり) はぎれ・糸・反物
作務衣  作務衣 はんてん
長袖
 やっこ
半袖
 ポンチョ
袖なし
 彩藍 らしか 帽子/バッグ ストール はぎれ/糸

2017/07/03「型を知り型を破る」

わもめんくらし 宮田織物社長のブログ
宮田織物の全体朝礼

台風の動きが怪しい月曜日、
本日の担当は製品課のアシガさん。

テーマは「型を知り型を破る」。

「万葉集の巻十七以降は大伴家持の
 歌日記を元に編纂されたといわれ、
 宮廷行事の前例として記録された
 のではないか、とは、万葉学者の上野誠氏の推測。

 宮廷行事は前例を外れると死罪と
 なることさえある。家持は子や
 孫に、様々な場面での振る舞いを
 教えようとしていたのだろう。

 一方で前例に縛られない事も大切。

 宴席で、型にはまった歌では
 つまらない。この時に型を
 壊せれば、個性は輝き、
 一目置かれる存在にもなれる。
 万葉集にはそうした型破りな歌もある。

 前例を熟知し、型を疎かにせず、
 型を学ぶ事で更なる飛躍が生まれるだろう。 

 ~職場の教養6月号より抜粋~」

アシガさんの所感発表です。

「学んだ事を違うやり方にできる
 よう生かしていきたいと思う。」

アシガさんは前工程の裁断を担当
しています。裁断がスムーズに
いかないと、後の組み立てや
仕上げの工程の全てに影響が
出てしまう大事な工程です。

以前はベテランのスタッフばかり
でしたが、アシガさんはベテラン
から学び、しっかり自分の職務を遂行しています。

まさに「型型を知り型を破る」。
アシガさん、ありがとう
ございます。これからも
よろしくお願いします。


続いて営業の中村課長からは、
前月度の報告。「厳しい現状だが
コツコツやる。みなさんの協力を
よろしくお願いします。

イケヒコさんの売り出しで感じた
のは、暑い中の社員さんの楽しさ。
自分達が楽しめばお客様も楽しい。
我々も『大汗かいて楽しもう!』」


職布課の中村主任より現状報告。
アメリカ生地輸出第二・第三弾。

管理部の國武部長クリーンDAY
のねぎらい。またこれは筑後市
環境パートナー事業の一貫でもあること。

 ▼筑後市環境パートナー事業
 http://www.city.chikugo.lg.jp/shimin/_18799/_2084.html

宮田織物は筑後市で産声を上げ、
筑後市で育った会社です。
大好きな筑後市に少しでも
ご恩返しできたら、こんなに嬉しいことはありません。

微力ではありますが、
これからも頑張ります。


 ▼この心地よさをお伝えしたい
 http://www.e-miyata.com/category/373.html


 今日も感謝のものづくりを。
 お客様の笑顔のために。
 自分達の笑顔のために。


ものづくりのページ
http://www.e-miyata.com/category/156.html

静かに熱い「もめんのこだわりブログ」
http://www.e-miyata.com/category/177.html


■博多リバレイン
 地下2階「宮田織物」
〒812-0027
福岡市博多区下川端町3-1 B2F
電話:092-292-4033(直通)
■モラージュ佐賀
 北館2階「宮田織物」
〒840-8551
佐賀県佐賀市巨勢町大字牛島730
電話:0952-97-7982(直通)
■ボンベルタ橘
 3階「彩藍」
〒880-8586
宮崎市橘通西3丁目10番32号
電話:0985-24-5450(直通)
-----------------------------------
ご縁を大切にしたいと思います。
宮田織物を宜しくお願い申し上げます。
-----------------------------------
■宮田織物株式会社
833-0003 福岡県筑後市羽犬塚375
(TEL) 0942-53-4550 (FAX) 0942-53-8150
メールアドレス:info@e-miyata.com
-----------------------------------
創業大正二年。糸を選び、織りから
デザイン企画まで全てオリジナルの
和木綿のぬくもりをあなたに~
-----------------------------------
表示件数
並び順
商品数:0件
検索条件の商品がありません
商品数:0件

- new item 新商品・再入荷商品 -


- information お知らせ -

わた入れはんてん(半纏・袢天) お手入れ・洗濯方法

和木綿手づくりコンテスト結果発表・応募作品展示

宮田織物写真館 宮田織物の商品をご着用いただいているお写真

当店をご利用いただきましたお客様のご意見・ご感想


宮田織物株式会社


 店舗運営スタッフ 原口/中島/仁田原/川野
haraguchinakashimanitabaru
スタッフブログ わもめんのこだわりブログ

ひと織り、ひと針、愛情こめて。

創業1913年(大正2年)

宮田織物は、久留米絣の里である福岡県筑後市で産声をあげました。
宮田織物では、生地織り、デザイン、縫製まで全て自社で行なっております。

平成25年4月に創業100年を迎え、今日も「ものづくり」に励んでおります。
着てくださる皆様の笑顔を思い浮かべながら。

宮田織物株式会社 インターネット担当

電話:0942-53-4550
  (受付時間:平日9時~16時)

mail:info@e-miyata.com
所在地:〒833-0003 福岡県筑後市羽犬塚375
店舗の紹介

- 宮田織物は、SNSにて情報発信しております -

営業担当者がお届けする
写真や動画、イベント情報
盛りだくさんのインスタ

MIYA LABO
宮田織物研究室
ものづくりを伝えます

YOUTUBE
miyataorimono

わもめんぐらし
和木綿生活
宮田織物4代目社長ブログ
 
twitter / facebook
社長ブログが
こちらでもご覧頂けます

特定商取引法に
基づく表記
ご利用ガイド 支払い方法 配送方法・送料 プライバシーポリシー
/ 会社概要