作務衣・はんてん・彩藍・らしか 創業百年を越える木綿織物の老舗「宮田織物」創業1913年 直営通販サイト
作務衣 さむえ samue 作務衣 さむえ samue わた入れはんてん・袢天・半纏・丹前・どてら haori(羽織) 甚平(じんべい) 彩藍 さいあい saiai らしか 婦人服 レディース lashica 帽子 ハット バッグ 久留米絣(かすり)ストール 和木綿/久留米絣(かすり) はぎれ・糸・反物
作務衣  作務衣 わた入れ
はんてん
haori
羽織
甚平  彩藍 らしか 帽子/バッグ 久留米絣
ストール
はぎれ/糸

木綿織物【和木綿(わもめん)】

MIYATA ORIMONO オリジナルテキスタイル





和木綿(わもめん)とは、宮田織物オリジナルの木綿織物です



和木綿コンセプト


伝統をていねいに、つないでいくもの。

大正二年から続く宮田織物の伝統。
最新の生地でも十年程前の生地をベースに、
今の暮らしにあうデザインを考えながら生地作りがスタートすることもあります。




手間がデザインを実現するもの。

生地の考案をして織上がるまでに、いくつもの手間がかかっています。
新しい生地を織る場合には、織機の枠をすべて取り払い、
織機を動かすためのプログラムを作る作業に
短くても丸々3日の時間を費やしています。
手間をかけることで、宮田織物の和木綿のデザインが実現します。




歴史にとらわれないもの。

宮田織物には、百年をこえる歴史があります。
ですが、やりたいと思ったことをやります。
これはやっていい、でもあれはやらないという線引きはしません。




流行にとらわれないもの。

年間約50柄近くの生地を新たに考案しています。
考案のアイデアになるものは、日常の中で生まれるものがほとんどです。

何かを見てこれは美しいなと心動かされたものや、
こんなものを作るぞと意気込まず、
作意のない所からスタートすることもあります。
その年の流行は、特に気にしていません。




挑戦するもの。

こんな生地があればいいのにな。
と思うことからスタートするとなかなかうまくいかず
振り出しに戻ることがあります。
そこから、新しい発見をすることもあります。




育つもの。

綿100%の生地を織ることが多いのですが、
出来立ての生地の風合いは柔らかく、軽さが特徴的です。

しかし、お客さまのもとで
長い間ていねいに着て頂いた和木綿は、
さらに体になじんで良い風合いに育っていきます。




人を想うもの。

誰かがその和木綿の服を、生地を、
使ってくださることを想いながら、想像しながら、
糸選び、柄の考案、整経、織り、縫製が進んで
ひとつの和木綿ができあがっています。



「和木綿」の歴史と由来

宮田織物の所在地である、福岡県筑後市は、
国の重要無形文化財「久留米絣(かすり)」の機元(はたもと)が
数多くあることでも有名です。

宮田織物も、久留米絣の機元として
創業者である宮田サカヱが久留米絣を
織り始めたことからはじまります。

現会長である宮田智が、家業に就き、
広幅織物を導入。
宮田織物 現会長「宮田智」
久留米絣の知識や味わいを活かし、
オリジナルの布地「和木綿(わもめん)」を製作いたしました。



「和木綿」のこだわり

  • 木綿の風合いに、こだわり
  • 今までにない風合いに、こだわり
  • 伝統を生かすことに、こだわり
  • 新しい感覚に、こだわり
そして何よりも、着心地にこだわりながら、
より良いものへと挑戦を続けます。




「和木綿」ができるまで
自社で、布地のデザインから織りまでを全て行なう


宮田織物では、全国でも、稀な生産体制をとっています。

それは、布地のデザインから糸選び、織り、
商品デザイン、裁断、縫製に至るまで、全てを自社で行うということ。

全てを自社で行なうということは、
それだけ、全ての工程において責任と自信がないとできません。

ここでは、宮田織物の心臓部ともいうべき、
和木綿(わもめん)の生産工程をお伝えします。

  • 1、柄の考案 
  • 着る人が楽しくなれる色や柄行を大切にデザインします

  • 2、経通し(へとおし) 
  • たて糸を一本一本手作業で部品に組み込みます

  • 3、整経 
  • 経糸をビームという大きな糸巻に、整経機で巻き上げます


  • 4、経糸(たていと)を織機にかける 
  • 1本1本、丁寧に。

  • 5、緯糸(よこいと)を入れ、織り上げます。



  • 6、織り上がった布地は、人の目と手でしっかりと確認します。

  • 7、ここまでの工程を経て、和木綿は一枚の織物となるのです。




「和木綿」への想い
ひと織り、ひと針、愛情込めて


宮田織物では、
現在、約160,000メートルもの和木綿を、
年間を通して、織り続けています。

和木綿を織るという工程だけでも、
たくさんの人と、たくさんの手仕事があります。

ここから、今度は商品の企画・デザイン・裁断・縫製へと
つながっていくのです。

布地を買って、商品を作るのではありません。
布地の織りから、自社でやることの意味。

木綿織物である「和木綿」を理解し、
本当の意味での心地よさ・着心地の追求。

着てくださる皆様の笑顔を思い浮かべながら、
「ひと織り、ひと針、愛情こめて。」
今日も、ものづくりに励んでおります。


宮田織物株式会社
表示件数
並び順
商品数:2件
g87Vd2vFkM5TeLBs9o316cCX.jpg
1,080円
(税込)
工場直売 特別価格【ホームページ限定販売】創業百年を越える木綿織物の老舗であ…
オンライン限定
商品数:2件

- new item 新商品・再入荷商品 -


- information お知らせ -



わた入れはんてんのお手入れ小冊子ができました。はんてんをご購入でプレゼント!



宮田織物「写真館」では、ご愛用頂いているお写真を掲載中 ※随時募集





宮田織物株式会社


 店舗運営スタッフ 原口/中島/仁田原/川野
haraguchinakashimanitabaru
スタッフブログ わもめんのこだわりブログ

ひと織り、ひと針、愛情こめて。

創業1913年(大正2年)
宮田織物は、久留米絣の里、福岡県筑後市で産声を上げた創業百年を越える会社です。

宮田織物が最も大切にしていること、それは、ものづくりです。

一本の糸を選ぶことから始め、デザイン、織り、縫製まで、
全て自社生産にこだわります。

伝統から学びつつ、新しい知識を得ながら、オリジナルの製品を生み出す。
この温故知新の姿勢が、宮田織物のものづくりを支えています。

大正二年の創業時から、連綿と受け継がれてきたものづくりの技術。
それに裏打ちされた宮田織物でしかできない独創的なデザイン。

わた入れはんてんをはじめ、作務衣、甚平、婦人服などの製品にも
そのこだわりはしっかりと反映され進化し続けています。

宮田織物株式会社 インターネット担当

電話:0942-53-4550
  (受付時間:平日9時~16時)

mail:info@e-miyata.com
所在地:〒833-0003 福岡県筑後市羽犬塚375
店舗の紹介

- 宮田織物は、SNSにて情報発信しております -

営業担当者がお届けする
写真や動画、イベント情報
盛りだくさんのインスタ

MIYA LABO
宮田織物研究室
ものづくりを伝えます

YOUTUBE
miyataorimono

わもめんぐらし
和木綿生活
宮田織物4代目社長ブログ
 
twitter / facebook
社長ブログが
こちらでもご覧頂けます

特定商取引法に
基づく表記
ご利用ガイド 支払い方法 配送方法・送料 プライバシーポリシー
/ 会社概要