作務衣(さむえ)・はんてん(半纏・袢天・丹前・どてら)・彩藍・久留米絣 製造元である木綿織物の老舗「宮田織物」直営通販サイト【日本製】
5,000円以上のご注文で送料無料/代引き手数料無料
お買い物ガイドメールマガジンのご登録・解除(無料)
お問い合わせ電話番号 TEL:0942-53-4550(平日9時〜16時受付
会員様ログイン新規会員登録(無料)お買い物かご
袢天(半纏・はんてん)・作務衣(さむえ)・彩藍(さいあい)・久留米絣(かすり) 【創業大正二年】木綿織物の老舗「宮田織物」
作務衣(さむえ)男性用 作務衣(さむえ)女性用 甚平(じんべい) わた入れはんてん(半纏・袢天・丹前・どてら) 年齢を重ねるごとに美しく見える服 彩藍(さいあい) リラックスウエア ことん 自分らしい服 らしか 久留米絣(かすり)ストール 和木綿はぎれ・糸/久留米絣のはぎれ
ギフトラッピング料金改定のお知らせ 2017/03/25
宮田織物の毎月プレゼント!!毎月1名様に、和の贈りもの
宮田織物 所在地:福岡県筑後市羽犬塚
メディア掲載情報
福岡デザインアワード入賞作品のご紹介
代引き手数料無料/5,000円以上のご注文で送料無料!!
▼お探しの商品を入力下さい

還暦御祝出産お祝い
6,000円までの人気のギフト

大切な方へ届ける贈りものギフト【ラッピング方法のご案内】
宮田織物のこどもはんてんは、出産お祝いにも人気がございます
還暦のお祝いにふさわしいお品をご用意しました
宮田織物ショップ一覧
★イベント情報
一般のお客様向け
バイヤー様向け(卸)

新作アイテム入荷中!!
宮田織物全商品一覧は、こちら
◆アイテムで選ぶ
作務衣
甚平
はんてん/どてら
羽織
ジャケット
ベスト
ワンピース
ブラウス
スカート
パンツ
エプロン/割烹着
帽子
バッグ
絣ストール
はぎれ/糸


◆ブランドで選ぶ

和モダン
彩藍
らしか
ことん

◆取扱商品
作務衣(さむえ・さむい)
男性用作務衣
女性用作務衣


甚平(じんべい)
夏といえば、甚平!

綿入れ袢天(わたいれはんてん)・奴・ポンチョ
<わた入り>
はんてん/どてら
やっこ
ポンチョ
こども用

長袖タイプ
半袖タイプ
袖なしタイプ


<わた無し>
羽織

彩藍(さいあい) あなたが輝く服
オリジナル婦人服【彩藍】
ジャケット
ベスト
ワンピース
ブラウス
スカート/パンツ


彩藍(さいあい)小物 「バッグ・帽子など」
帽子
ポーチ
バッグ


久留米絣のやわらかストール【新商品】
久留米絣ストール

【新ブランド】ことん リラックスウエア
リラックスウエア

草木染め(くさきぞめ・そうもくぞめ)
自然の色合い

【和木綿・久留米絣】はぎれ・糸
和木綿はぎれ・糸/久留米絣はぎれ

はぎれギャラリー【掲載写真大募集!!】

和木綿(わもめん)手作りコンテスト!!
第1回 結果発表および応募作品展示
第2回 結果発表および応募作品展示
第3回 結果発表および応募作品展示
第4回 結果発表および応募作品のご紹介
第5回 結果発表および応募作品のご紹介
第6回 結果発表および応募作品
第7回 募集要項

宮田織物の商品をご使用いただいている写真を展示しています
お客さまの声 ありがとうございます!

【登録無料!】お買い物ポイント制度のご案内

宮田織物の会社ホームページは、こちら
宮田織物
ホームページはこちら

会社概要
プライバシーポリシー
特定商取引法
サイトマップ

直営店のご案内

初めてのお客様へ
お買い物ガイド
ギフト包装
贈りものに迷ったら‥
返品/交換窓口

豆知識
< 和木綿(わもめん)>
和木綿豆知識
和木綿布地一覧

< 作務衣(さむえ)>
作務衣豆知識
作務衣のすすめ
作務衣の着こなし
作務衣の秘密
作務衣お手入れ方法
はじめての作務衣
作務衣百問百答
作務衣選びお手伝い
色で探す作務衣
ユニフォーム用

< はんてん・どてら>
はんてん豆知識
中わたの種類
袢天お手入れ方法
袢天選びのお手伝い

< 久留米絣(かすり)>
久留米絣とは・・


◆お問い合わせ
宮田織物株式会社
インターネット担当

TEL:0942-53-4550
(受付:平日9時〜16時)

mail:
info@e-miyata.com

わもめんくらし・・宮田織物社長吉開のブログ
宮田織物インスタグラム 宮田織物Twitter 宮田織物Facebook
宮田織物は、SNSにて
情報発信しています。


TOP >>  読みものページ >>  伝統織物【久留米絣(かすり)】



久留米絣ができるまで

時を越えて慈しまれる久留米絣の魅力
久留米絣

久留米絣をご存じですか。
天明八年(1788年)筑後国久留米通外町(現久留米市)に
生まれた井上伝さんが創始者です。

その魅力はやはり、
藍色の美しさ、織りの意匠の巧みさ、
そしてなんといっても着るほどに増す、
その風合いではないでしょうか?

「久留米絣は水をくぐるごとにしなやかに肌になじむ。」

久留米絣を愛用される方がおっしゃった言葉です。
また、久留米絣でものづくりされる方は、
どんな小さな端切れでも捨てられない、と云われます。
時を超えて慈しまれ、愛される久留米絣‥

久留米絣には、重要無形文化財指定という芸術性もあります。

創始者井上伝さんの肖像画からしのばれるのは、
きりりとした意思の強さ、そして暖かさです。
伝さんのそのひととなりが、久留米絣に息づいていている、
だからこそ、芸術性がありながらとりすましていない
普段着の魅力にあふれているんでしょうか。

厳選された徳島産の藍で心を砕いて染め上げ、
丁寧に手で織り上げる。

久留米絣の「染」「織」の意匠は
二百年の時を経て今に息づいています。
そう、伝統の技でこそ生み出される美です。

制作工程

1.柄作り(がらつくり)
絣のデザインをイメージしながら、図案を起こします。
経験と熟練が必要な大切な制作過程です。
作者の感性がひときわ際だつところでもあります。

2.絵紙(えがみ)
起こした図案に合わせて経緯(たてよこ)の配分数を決め、
その寸法を経は羽数(はかず)、
緯は行数(いきすう)で記入していきます。
この時、下絵を兼ねて書くこともあります。

3.経尺つくり(たてじゃくづくり)
絵紙に基づいてものさしを作ります。
竹ひごに墨で括る巾を印付けしたものさし、これが経尺です。
模様に合わせてそれぞれの尺を作って使用します。

4.緯尺つくり(よこじゃくつくり)
絵糸巾に合わせて竹尺を作ります。
絵紙より割り出した筬羽(おさば)を基準に一巾、
一パターンの柄を竹尺に写し取ってものさしを作ります。

5.下絵(したえ)
絵紙に合わせて緯の縮み具合を考慮しながら
絣模様に書き直していきます。

6.絵糸書き(えいとがき)
絵糸は緯糸をくびるときの種糸となるものです。
まず、下絵を絵台にのせて筬羽に糸を張り、
一模様づつ織り巾に合わせて糸を張っていきます。
さらに張られた糸を、絵にしたがって緯糸の絣になる部分に
指先で糸を回転させながら筆で丹念に墨付けします。
久留米絣の絵糸書き

7.経はえ(たてはえ)
柄模様に合わせて絣糸と地糸の糸数を割り出して、
大枠に巻き取ります。
整経(せいけい)ともいわれる工程です。
久留米絣のたてはえ

8.緯はえ(ぬきはえ)
絵糸紙で墨付けした種糸を一本にしてこれを整経機に張り、
柄模様一つ一つの緯糸の長さを決めます。
整緯(せいぬき)といわれる工程です。

9.糸たき(いとたき)
糸を強化し、不純物を取り除くために
苛性ソーダ水を入れた水で煮沸します。
精錬(せいれん)といわれる工程です。

10.晒し(さらし)
晒し粉の上澄み液に重炭酸ソーダを加えた溶液で
糸を漂白します。染め上がりを美しくするための工程です。

11.糊付け(のりづけ)
糸の乱れを防ぐために薄い麩糊(ふのり)をつけ、
天日干しします。

12.手くびり
柄模様の区分に分けられた経糸を均等に張っていきます。
この経糸に経尺をあてながら、くびる部分に墨を付けて
粗苧(あらそう=麻の一種))でくびります。
経糸は絵糸といっしょに整えていますので、
絵糸の印部分を経糸と同様にくびります。
微妙な手際が仕上がりに影響しますので大変な年期と熟練を要します。
久留米絣の手くびり

13.藍建(あいだて)
徳島産の上質な藍(すくも)を使用します。
1週間から10日かけて発酵(藍建)させます。
舌でなめて発酵状態を確かめる時も。
およそ3週間たつと、完全に発酵して染色出来るようになります。
1日に1度の攪拌は、大切な管理工程です。

14.藍染(あいぞめ)
濃度の異なった8、又は12本一組の藍瓶で、
くびった糸を染色します。
染めるときは下藍、中藍、上藍と、
濃度の低い藍から高い藍へ順番に連続して染め上げます。
染めた糸枷(いとかせ)は、その都度よく絞り、たたきます。
これで、くびりきわが良く染まるように糸を膨らませ、
さらに空気に触れさせて、藍の酸化による染色を助けるのです。
この力加減が経験を要します。
久留米絣の藍染

15.水洗(すいせん)
2時間くらい水につけて、
藍染の時についた不純物と余分なアクを抜きます。

16.絣解き(かすりとき)
水洗いした糸を張り、糸が乾燥しない内にくびった粗苧を
手早く解きます。乾燥するとくっきりした白さが出ないのです。

17.水洗・漂白(すいせん・ひょうはく)
絣解きの後、一昼夜水につけて晒します。
藍色がさえ、白さが際だちます。

18.糊付け・乾燥(のりつけ・かんそう)
緯糸に薄糊をつけて天日に干し、乾燥させます。
糸の毛羽立ちや乱れを防ぐためです。
この後、経糸と緯糸に工程が分かれます。
19.経割(たてわり)
柄合わせの事です。
経糸の、それぞれの糸篠(いとしの)を
柄模様に合わせながら束ねていきます。

20.糊付け・乾燥(のりつけ・かんそう)
経糸にむらなく生麩糊(しょうふのり)をつけて水を切り、
温かい内に素早く糸を張って乾燥させます。
糸毛羽や絣乱れ、糸乱れ等を防ぐと共に、製織をしやすくするためです。
久留米絣の糊付け5

21.割り込み・筬通し(わりこみ・おさとおし)
絵紙で割り出した糸数にしたがって、地糸と絣糸を並べます。
並べた糸を一方から筬羽を一つ一つ開けながら、
一羽(ひとは)に2本ずつ通していきます。
久留米絣の割り込み

22.経巻(たてまき)
経糸を巻く巻箱を巻経台(まきたてだい)に固定し、
経糸の先を結びつけます。
これを二人一組になって、
一人が巻き取り、一人が張りながら、
模様を確認しつつ丁寧に巻き取っていきます。

23.綜絖通し(そうこうとおし)
あぜかけともいいます。巻箱に巻き取った糸を、
筬羽から一羽(2本)ずつはずし、
上下に分かれた綜絖(ヘルド)に1本ずつ分けて糸を通します。
これによって経糸は奇数と偶数番の糸が離れ、
綜絖部の上下運動で開口部分が出来ていきます。

24.機仕掛・筬通し(はたしかけ・おさとおし)
綜絖及び筬に通した糸を手織りに備えて手ばたに仕掛けます。

25.緯割(ぬきわり)
絵糸を取り除き、糸篠(20本単位)に割り、長く伸ばしていきます。

26.枠上げ(わくあげ)
20本の緯糸を六〜八角形の緯取枠(ぬきとりわく)に
一本ずつ巻き取ります。
久留米絣の枠上げ

27.管巻(くだまき)
緯取枠から杼(ひ)に入れる竹管に巻き取ります。
巻かれた20本の糸を1本ずつ、木綿車をまわして巻き取っていきます。
久留米絣の管巻き

28.手織り(ており)
織り機は投杼機(なげひばた)です。
まず、杼で緯糸を通し、経糸の柄模様に緯糸を合わせます。
さらに筬を手前の方に力強くトントンと打ち込む、
この作業を繰り返しながら、丹念に織っていきます。
綜絖の高さ、足の踏み加減、筬の打ち具合などによって
製品の善し悪しが決まりますので、
優れた製品作りには相当の経験と技術が必要になります。
久留米絣の手織

29.湯のし・乾燥(ゆのし・かんそう)
できあがった織物を湯通しして、竿にかけて日陰干しします。

30.整反(せいたん)
織物を尺台にのせ、はさみなどでふし等を切り取ります。
さらに、巾や仕上がりを調べながら所定の長さに製反します。

31.検査(けんさ)
できあがった製品は、久留米絣協同組合で検査を受け、
制作者が責任証紙を反末に貼付します。


※資料は久留米絣協同組合様よりご提供いただきました




 

宮田織物ホームページお買いもの特典!!
宮田織物株式会社
ひと織り、ひと針、愛情こめて。
創業大正2年。宮田織物は、久留米絣の里である福岡県筑後市で産声をあげました。
宮田織物では、生地織りからデザイン、縫製まですべて自社で行なっております。

平成25年4月に創業100年を迎え、今日も「ものづくり」に励んでおります。
着てくださる皆様の笑顔を思い浮かべながら。

宮田織物のメールマガジンへ登録・解除

宮田織物株式会社 インターネット担当
 電話:0942-53-4550(受付時間:平日9時〜16時)
 mail:info@e-miyata.com
 所在地:〒833-0003 福岡県筑後市羽犬塚375
店舗運営スタッフ 原口/中島/仁田原
haraguchinakashimanitabaru

特定商取引法に
基づく表記
ご利用ガイド 支払い方法 配送方法・送料 プライバシーポリシー

綿工連公式サイト:綿スフ織物業の発展と振興のため、全国の各産地組合と連携して多岐にわたり事業を行われています
Copyright © MIYATA ORIMONO CO.,Ltd. All Rights Reserved.
禁無断複製・無断転載
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。